TOPページ > 最新情報 > 12-007
12-007
2012/03/27

磁粉探傷装置を更新

数多くの重要保安部品を生産して行く上で、品質保証の要となる磁粉探傷装置の更新を実施しました。

磁粉探傷検査とは、製品表面に磁界を発生させて目視では確認できないような微細な傷に”磁粉”と呼ばれる強磁性体の粉を付着させ目視でも確認できる様にする装置です。

更新前:機能上の問題は無いのですが、写真の通り劣化が進み電装品関係の維持が大変でした。

更新後:暗室は、空調バッチリの個室型となっています。